創価学会の彼と普通の彼女のブログ

彼、彼女が創価学会で悩む、普通の方と不安を分かち合うブログ

お久ぶりです。

みなさん、

たくさんのコメントありがとうございました。


創価が原因で別れた方、

創価に悩みながらも付き合ってる方、

実際に学会員の旦那様とご結婚された方、

ご両親が創価で自動的に創価に入ってしまった方


ほんとにたくさんの方が

このブログを読んでくださり

感謝です。



とくに、実際にお別れされている方の言葉は

心に刺さりました。



私も迷います。

このままで、幸せになれるのか。。。


私の今の状況ですが

私は入籍は2年後にしようと思っています。

彼としばらく海外との遠距離になりそうなので

それが終わったら籍を入れる予定です。


籍を入れてから遠距離も考えましたが

そうなると

彼の家族行事に嫁として、ひとりで参加しなくてはいけなくなるので

それを避けたいというのが、一つの理由です。


でもこれから始まる遠距離で

お互いを見直すきっかけになればいいかなとも思います。



最後に

彼の実家に挨拶に行った際の話をしたいと思います!


彼の実家訪れ、ご両親と食事をしました。


食事をしながら

今後の話とか緩やかな時間でしたが

端々に創価を感じる時間でした。


その一

聖教新聞を読まされる

大学の入学式の記事や、親族が掲載された記事を紹介されて、結果読まないといけない雰囲気になりました。


その二

創価の良さをアピールされる

「どこに行っても創価のコミュニティがあるから、頼れるし、安心よね」とお母様から言われました。(私創価には入らないけど) 


その三

創価のお墓をアピールされる

「お墓はもうあるから大丈夫よ!」

(私創価のお墓には入らないけど、、)


この辺で結構ダメージくらってましたが

極めつけはこちら



帰宅する際

お母様が、「ちょっと待って」と

何かを取りに戻りました。


(なんか、お菓子とか持たせてくれるのかな?と思って待ってると)


お母様から「これ、よかったら読んで!」と



創価の雑誌を渡されました。

苦笑い、苦笑い苦笑い


心がポッキリ折れました。



なんで学会員の人って

押し付けてくるんでしょうか、、




やってけるのかなと

すごく不安になりました。



その時に、彼が

「お母さん、渡さなくていいから」

と言ってくれたり


(とはいえ、受け取らないわけにもいかないので受けとった後)


彼が読まなくていいからと、

処分してくれたり


配慮してくれたので

そこは良かったかなと、、、



これからどうなることか。


その後も彼とは何事もなく

楽しく過ごしています。